top of page

スケルトン階段 or 一般的な階段 選び方の工夫

現代では、吹き抜けや大空間のリビングなど、開放感があるお家が増えてきています。


それに伴って、リビングに階段を含める間取りも増えています。

階段は、上の階にあがるためのツールとしてだけでなく、インテリアのひとつとして考えられるようにもなってきました。


そこで注目されているのが、スケルトン階段です。


スケルトン階段とは、骨組みと踏板のみで構成された階段です。


光を取り込みやすいので、リビングを明るくしてくれますし、開放的な演出にもなる特徴があります。

もちろん、インテリアとしてもおしゃれなデザインの階段です。


しかし、メリットばかりではありません。

小さいお子様や高齢者の落下のリスクや、ペットが上り下りできるかも考慮しておいた方が良い点と言えます。


また、一般的な階段であれば、階段下や裏が収納スペースにもなりますが、スケルトン階段ではそれができません。


ただ、階段下に机を置くなどしてワークスペースとして活用する方もいらっしゃいます。

小さな書斎を設けるテイストは流行っていますし、おしゃれな内装ともいえます。


一般的な階段はリビングに含めることができないかといえば、そういうわけではありません。

こちらの画像のように、空間と階段を一体化させることも可能です。


スケルトン階段に比べると開放感は劣りますが、圧迫感がありすぎるわけではありません。

しかし、一般的な階段をリビングに含めるためには、階段下の間取りの工夫が必要なので、そこは注意です。


以上のことから、リビングに含める階段は、スケルトン階段でも一般的な階段でも、基本的には好みで選んで良いと言えますね。


お部屋のテイストや収納など、優先したいものとリスクを考慮し、より理想的な暮らしに近い方を選択してみてはいかがでしょうか?



ISK工房では、お客様のご予算、ご要望に合わせた商品のご案内や取り付け作業の提案をいたします♪


お気軽にご連絡ください!


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page