top of page

リビング階段にしてよかったorしなくてもよかった。リアルな声

リビング階段はデザイン性が高く、おしゃれな家づくりを目指しやすいことや、家族間のコミュニケーションが増える理由から人気があります。

しかし中には、リビング階段に後悔している方がいるのも事実です。


今回は、リビング階段にしてよかった派としなくてもよかった派の声を集めたのでご紹介いたします!


してよかった派の声

・1階から2階にいる子どもに声をかけやすく、コミュニケーションが取りやすいです。

・中2階を設けて、そこで作業することが多いです。広すぎない感じがちょうど良く、リラックスして作業に集中できます。

・スケルトン階段を選んだので、リビングがとても明るいです!

・インテリアとして考えています。おしゃれなデザインが気に入っていて、自慢の階段です!

・家族がリビングに集まりやすくなりました。

・天井が高くなるし、開放感があるので、お部屋が広く感じます。

・廊下いらずの設計ができるので、廊下分の面積を他に回すことができました!


してよかった派は、デザイン性やコミュニケーションの取りやすさを気にいる声が多かったです。


しなくてもよかった派の声

・2階の声や足音が1階に響くし、1階の声やテレビの音も2階に響くので気になります。

・スケルトン階段にしたのですが、小さな子どもが登り降りするには危険だと思いました。

・階段から見える2階部分をいつもキレイにしておかないと、突然の来客に戸惑います。

・階段下の収納スペースが作れないのが地味に痛かったです。

・2階の部屋に行くのに必ずリビングを通るので、家族と顔を合わせたくない時でも鉢合わせます。

・エアコンが効きにくいと感じました。

・ニオイが広がりやすく充満しやすいです。


リビング階段は、コミュニケーションが取りやすい反面、プライベートへの不満を感じている声が多かったです。

また、構造上起きてしまう問題に対しての不満も見受けられました。


リビング階段といえば、吹き抜けのイメージが強いですが、そうしなければ設置できないわけではありません。

設置の仕方によっては、階段の入り口、あるいは階段を登った先に、ロールスクリーンを付けるなど1階と2階を区切る工夫ができます。

このような工夫によって、空調やプライベートの問題は軽減されます。


上手に工夫しながら、素敵なお家づくりをしてくださいね。


ISK工房では、お客様のご予算、ご要望に合わせた商品のご案内や取り付け作業の提案をいたします♪

お気軽にご連絡ください!


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page