草刈りもお任せください!!


草刈りが面倒で放置してしまい、伸び放題になっている……

ご自分での草刈りが大変なときには、業者に依頼するという選択肢もあります!!


草刈りをするタイミング

6月~7月は雑草が最も成長しやすい時期ですが、雑草が伸び切った後に草を刈るのは大変です。そのため、伸び切る前に刈っておきましょう。

9月~10月は雑草の生育が止まるためダメージが大きくなります。より草刈りの効果を得ることができるでしょう。

11月~12月は雑草が休眠期に入っていて、枯れ草の状態になっています。枯れ草を取り除いておくことで、庭の景観を保つことができます。


「自分では大変そう…」「虫が苦手…」

そういった方は、業者に依頼することをおすすめします。


ISK工房では、草刈り機と草むしりでしっかり雑草を取り除きます。

自分より背の高い雑草にも怯みません!!




草刈りに加えて雑草対策も行えば、再び雑草が生えてくる心配もいりません。

土の面積を減らして、煩わしい雑草が生えないお庭にしませんか?


ウッドデッキ、テラスの設置、人工芝、固まる土を敷くこともおすすめですが、より簡単な方法として防草シート+砂利がおすすめです。


防草シートをキレイに敷き雑草が生えてこないようにするためのポイントは、

事前にどれだけ処理をしっかり行うかです。

雑草を根まで取り、大きな石などの異物を取り除き、地面を平らに整地します。

根まで取り除かないとシートを突き破って生える強い植物もあるので要注意です。


砂利を敷くことで見た目の印象が違うだけでなく、防草シートの劣化を防ぎ、めくりあがることも防げます。

防草シートは耐久性、色も様々ですので、使用する場所によって慎重に選んでください。


草刈りから防草シートのご相談もお任せください!!


おうちに関すること何でもご相談下さい!!  ISK工房 山本

https://www.iskkoubou.com/

#除草作業 #防草シート #庭リフォーム

#リフォーム相談 #理想のおうち作り #ISK工房





閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この地名をなんと読みますか? とくじらまち とくじろうまち 地元の方はとくじらと言っているのを聞いていましたが 漢字変換すると、とくじらまちでは出てきませんでした。 正式には 昭和29年市町村合併の際にとくじろうまちと決定した とありました。 とくじろうまちが正解だったんですね。 しかし、令和3年3月1日から「とくじらまち」に変更になるようです。 よけいややこしいような気もしますが、とくじらと呼ぶ