top of page

洗面化粧台に悩んだらセミオーダーできるタイプがおすすめです

洗面所や洗面化粧台と聞けばイメージは浮かびますが、いざご自宅に設置するとなると、なかなか悩んだりしますよね。


蛇口や洗面ボウルだけでなく、鏡の大きさや収納スペース、お掃除のしやすさなど、実は考えるポイントが多いのが洗面化粧台です。


セミオーダーできるタイプなら、考えるポイントが選択肢になっており、自分好みのデザインが簡単にできあがります!


『一人ひとりの「こうしたい」を、 セミオーダー感覚で叶えられる洗面化粧台』をコンセプトにした、「ESCUA(エスクア)」(TOTO)というシリーズがあり、筆者的には、お悩みポイントの選択がしやすいなあと感じたのでご紹介します。


基本プランが6つあるので、一旦みてみましょう。


1.フローティングデザインプラン

フローティングデザインとは、床から浮いているように見えるデザインです。

まるで海外の雑誌で見るような洗練された空間になります。


2.センターボウルプラン

カウンタースペースが左右に広がっており、収納もたっぷりです。

ドレッサーのようなデザインで、メイクも楽しくなりそうですね。


3.片寄せボウルプラン

洗面ボウルが片側に寄せてあるので、カウンター部分が広々しています。

シンプルに馴染みやすいデザインですね。


4.片寄せオープンプラン

片側にオープンスペースが設けられています。

椅子に座りながら過ごせるので、パウダールームやその他多目的に使えます。


5.2連ボウルプラン

2つの洗面ボウルがついているプランです。

忙しい朝に家族で使用すれば、ゆとりが持てるかもしれません。


6.カウンタープラン

スタイリッシュなデザインです。

オープンスペースは、椅子やカゴ、ダストボックスなどを置いて活用することもできます。


いかがでしょうか。

基本タイプをみるだけでも、理想の洗面化粧台イメージが掴みやすくなりますよね。

もちろん基本タイプだけでなく、蛇口やカラー、洗面ボウル位置など「こうしたい」ポイントが選択できます。


洗面化粧台にお悩みでしたら、一度検討してみてはいかがでしょうか。



ISK工房では、お客様のご予算、ご要望に合わせた商品のご案内や取り付け作業の提案をいたします♪

お気軽にご連絡ください!


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page