top of page

II型キッチンがある家

キッチンにも様々なタイプがありますが、2023年も流行ると言われているのが「II型キッチン」です。



Ⅱ型キッチンは、キッチンカウンターが2列あり、それぞれにシンクとコンロを分けて設置しています。

基本的に、壁側にコンロを設置し、シンクカウンターは独立させるので、アイランドキッチンほど場所を取らず、開放的に使用できるのが特徴です。


また、作業スペースが広く取れるので、複数人でも使用しやすいキッチンです。


このように、お店のようなカウンター仕様も叶います。


コンロが壁側にあることで、、レンチフードが目立ちにくく、お部屋のテイストを保ってくれる特徴もあります。

上記の画像を見ても、レンチフードが角にあるのがわかりますよね。


ここまで見ると、Ⅱ型キッチンはいいこと尽くしのように思えます。

しかし、ここでⅡ型キッチンを採用する際に知っておいてほしい事を挙げておきますね。



それは、本来同じ列にあるコンロやシンクが分けられている以上、振り返って作業する必要があるということです。

特に、シンクで洗った野菜を振り返ってコンロ上のフライパンへうつす……というときなど、水滴が床に落ちるので、掃除が必要です。


水滴だけでなく、振り返る動作そのものが億劫に感じる人もいるので注意が必要です。


ご自身が求める使用感やデザイン性など、総合的にみて採用を検討した方が良さそうですね。


お家づくりの参考になれば嬉しいです♪



ISK工房では、お客様のご予算、ご要望に合わせた商品のご案内や取り付け作業の提案をいたします♪


お気軽にご連絡ください!


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page