top of page

窓のシャッターって後付けできるの?

・窓に雨戸やシャッターがついておらず、台風の日に不安がある。

・窓の位置によって、シャッターを取り付けなかったが、後々欲しくなった。


このような方はいらっしゃいませんか?

窓に改めてシャッターが欲しいとは思うものの、窓から買い直しなのでは、とお悩みの方もいらっしゃると思います。


しかし、シャッターには後付けできるタイプがあるのでご安心を!


例えば、LIXILの「リフォームシャッター」は、標準タイプ、採風タイプ、耐風タイプが展開されている後付け可能なシャッターです。

標準タイプは、シャッターに求められる基本性能が備えられています。


採風タイプは、フラップスラット(上記画像参照)が開く構造なので、風や光をとりいれつつも、プライバシーを守ってくれます。

防犯性も高まります。


耐風タイプは、台風地域や沿岸地域などの風の強い地域に適したシャッターです。

台風に強い構造になっています。


どのタイプも施工は簡単、外窓から取り付けるだけ

あっという間に、防犯・台風対策完了です!


ちなみに、シャッターを電動にすることもできるので、家の中からもシャッターが開閉できます。

専用アプリをインストールすれば、お手持ちのスマートフォンからも操作可能です!

開閉状態を確認したり、機器を連携すれば外出先からシャッター操作も可能です。


カラーバリエーションはこちらです。

タイプによって選べるカラーや見え方が異なります。


お家の外観に馴染みやすいカラー展開なのが嬉しいですね♪


シャッターの取り付けをご検討されている方は、是非チェックしてみてくださいね。


ISK工房でも施工を承っておりますので、お気軽にご連絡ください(*^^*)


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page