top of page

知ってますか?オール電化のメリット・デメリット

みなさんは、オール電化にどのようなイメージを持っていますか?

これまでガスと併用していたとすると、オール電化に抵抗があるご家庭もあるのではないでしょうか?

そこで、今回は、オール電化のメリットとデメリットをまとめました。

選択の参考になれば幸いです。


 

メリット

【基本使用料が一本化する】

電気とガスの基本使用料を払っていたとすると、オール電化にすれば、電気のみで済みます。


【お湯や暖房が安く使える】

オール電化の特徴として、「熱を貯めておける」というのがあります。

住宅向けのオール電化には、夜間の電気代が安くなるプランが多く、それを利用すれば、夜間に熱を貯めておき、日中にその熱を使うことで暖房費を抑えることができます。

畜熱暖房機は、夜間に貯めた熱で室内を温めることができるので暖房費節約になります。

また、エコキュートなら、お湯をタンクに貯めておけるので、夜間にお湯を貯めて日中使うと節約につながります。


【キッチン掃除が楽になる】

オール電化では、ガスコンロの代わりにIHクッキングヒーターを採用します。

ガスコンロに比べて表面の凹凸が少なく、サッと拭くだけでお手入れが完了する手軽さです。


【火を使わないので安全】

火の消し忘れや引火は火災につながります。

IHなら火を使わないので、安全に調理できます。

以前は火力が弱いと言われていたこともありましたが、実際はそんなことはありません。

むしろ「思っていたより強かった」という声もあるくらいです。


デメリット

【初期コストが高額】

オール電化を活かすために、エコキュートなどを導入したいところですが、本体価格と設置工事費用を合わせるとそれなりの高額になります。

補助金が受けられる場合もあるので、設置の際はその辺りも調べてみることをおすすめします。


【直火料理ができない】

IHクッキングヒーターは、火を使わないので、直火でマシュマロやスルメを焼くことはできません。

BBQでのお楽しみです。

また、調理器具は、IH対応のものを使用することになります。


【停電時に注意】

オール電化は、停電時には機能しなくなります。

ただ、ガスや水道の復旧と比べると、電気は早いので深刻に捉えすぎなくても良いと思います。


【昼間の電気料金に注意】

住宅向けのプランには、夜間の電気使用量が安くなるものが多いですが、その分昼間の料金が高く設定されています。

電気の使い方は、最初は慣れが必要かもしれません。


 

オール電化のメリット・デメリットをまとめてみましたがいかがでしたか?

一番の悩みどころは初期費用が高額になってしまう点だと思います。

ガスと併用の光熱費とオール電化時の光熱費の予測を比べたり、使える補助金をリサーチするなどして検討してみてくださいね。


ISK工房では、お客様のご予算、ご要望に合わせた商品のご案内や取り付け作業の提案をいたします♪

お気軽にご連絡ください!


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page