top of page

ペットの熱中症対策

更新日:2023年8月1日

室内でも熱中症にかかるリスクがあるくらいには、近年の夏の暑さは凄まじいと言えるでしょう。


熱中症対策を考えなければならないのは、わたしたち人間だけではありません。

全身が毛で覆われているワンちゃん、ネコちゃんは、夏の暑さが大の苦手です。



自分は大丈夫、と人基準のみで考えていると、ペットが熱中症になり、病院に運び込まれるケースも少なくないといいます。

平気な暑さの基準は、人とペットには差があるようですね。


ペットは大切な家族です。

普段わたしたちを癒し、笑顔へと導いてくれる家族が健康に夏を過ごせるよう、ペットの熱中症対策を考えていきましょう。



ワンちゃん、ネコちゃんは、人と違って、汗をかいて体温調節をすることができません。

そのため、熱が体内に篭りやすく、人が感じている以上に、暑さが負担となっています。


熱中症というと、外で発症するイメージが強いかもしれません。

夏の暑い時期には、ペットを外で飼うのはもちろんおすすめしませんが、実は室内であっても発症するケースがあります。


お留守番中はもちろん、一緒に過ごしている時も注意が必要です。

人なら、暑いと感じれば、自らエアコンの温度を下げたり、アイスを食べて体を冷やしたり、喉が渇いてなくても水分補給をすることができますが、ペットには難しいですね。


飼主が気にかけてあげる必要があります。


水分補給の配慮はもちろんのこと、室内温度の管理が大切です。

エアコンをつけていても、強い日差しが入る部屋は室内温度がぐんぐん上昇するため、日差し対策をしっかり行うことが重要です。



対策のポイントは、日差しを外で遮ることです。


例えば、カーテンなど窓の内側で日差しをカットしても、室内まで熱が入ってきてそのままこもってしまいます。

強い日差し対策は、外付け日よけなどを使って、「窓の外側」でカットしましょう。


このことを知っているだけで、室内温度の管理がうまくいきやすくなりますよ。


お家にペットがいるご家庭は、是非実践してみてくださいね。


商品のご案内とお取付は、ISK工房でも承っております。

お気軽にご連絡ください!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page