top of page

バリエーション豊富なドアで空間づくり(2)

更新日:2023年6月9日

前回の記事はこちら


前回は、「スキスム」シリーズが採用された、淡い色合いのテイストのお部屋をピックアップしました。

今回は、濃い色合いのテイストのお部屋、そして黒のドアフレームが美しいドアデザインをご紹介いたします!

(引用:永大産業株式会社)


まずは、ブラウンテイストのお部屋です。

しっかりめのブラウンテイストですが、ドアに大きな磨りガラスがあることで、圧迫感がグッと軽減されています。

「濃い色のテイストが好きだけど、重くなりすぎないか不安」という方は、ドアデザインに磨りガラスが含まれているタイプを選ぶことをおすすめします♪


先ほどよりも濃いブラウンがフローリングに採用されています。

ここでも磨りガラスが含まれたデザインが選択されているので、抜け感が演出されていて、お部屋全体のバランスがとれていますね。


これらのお部屋も同様です。

濃い色をメインカラーにする場合、ドアデザインを工夫することで、お部屋の雰囲気に抜け感がでたり、明るい印象がプラスされやすいです。


これまでご紹介したお部屋とは一風変わったテイストです。

天井の配管や配線も魅せる工夫が施してあり、壁色もグレーが選択されています。

右の小さなお部屋画像は、ドアにブラックフレームを採用していないパターンです。

ドアだけでなく、シェルフにもブラックが採用されていません。

アクセントカラーのブラックを意識し、シェルフやドアフレームにもブラックを採用したことで(画像大)、お部屋がより洗練されたテイストに仕上がっています。


こちらはホワイトテイストのお部屋で、可愛らしい空間となっています。

しかし、ドアにブラックフレームを採用することで、お部屋がクールな印象、引き締まった印象になっています。

階段の色や壁の縁もブラックに変更されており、アクセントカラーが意識されていることがわかりますね。


このように、磨りガラスやドアフレームをドアデザインに取り入れることによって、お部屋に与える印象が大きく違ってきます。


個々のパーツを組み合わせたお部屋づくりは、テイストを統一するのが難しい場合もありますが、ご紹介した「スキスム」シリーズのように、シリーズ化してあるものを選択すれば、空間づくりが簡単になります。

お部屋づくりの参考になさってくださいね。



ISK工房では、お客様のご予算、ご要望に合わせた商品のご案内や取り付け作業の提案をいたします♪


お気軽にご連絡ください!


閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page