top of page

ウォークインクローゼットの魅力!

みなさんは、衣類の収納をどうされていますか?

クローゼットやチェストに収納している方、オープンラックを使用している方、ウォークインクローゼットがある方、様々だと思います。


筆者は、クローゼットとチェストを併用しており、衣類ごとに収納する場所が違っています。

ここ最近、ウォークインクローゼットが欲しいなあと思うことが多々あるので、ウォークインクローゼットの魅力について語りたいと思います!!


(株式会社ウッドワン)


ウォークインクローゼットとは、人が中に入って歩けるサイズのクローゼットのことです。

衣類だけでなく、バッグや帽子、ネクタイ、アクセサリーなどの小物類も収納できるようにしたり、鏡を設置して、ウォークインクローゼット内でファッションコーディネートが完成するように工夫することもできます。


広さは、一般的には夫婦2人で2畳、4人家族で3〜3.5畳が理想と言われています。

2畳ですと、中で着替えるには難しい広さと言われています。

筆者的には、衣類を出し入れする際の動きやすさを考慮すると、夫婦2人であっても3畳はほしいかな、と思います。


では、ウォークインクローゼットの魅力ですが、なんといっても「衣類の収納が一箇所で済む」ことですね。


大容量のクローゼットなら、わざわざウォークインにしなくても収まってしまうかもしれませんが、クローゼットの容量が足らず、新たなチェストにTシャツを収納したり、下着類や靴下を収納する別のチェストを追加したり、バッグの収納スペースを確保したりなど、収納スペースを継ぎ足している方もいらっしゃると思います。

(筆者はまさにそれなのです!!)


また、衣装ケースを併用して、衣替えの時期にチェストの中身を入れ替えたりもしますよね。


しかし、ウォークインクローゼットなら、足元から天井まで、クローゼット内全体を収納スペースとして使用できるので、たいていの衣類は全て収まります。


衣替えもしなくて良い場合がほとんどです。

季節に合ったものや使用頻度が高いものを取り出しやすい位置に入れ替えることはよくあるかもしれませんが、衣類の入った箱ごと入れ替えたり、ハンガー位置を変える程度で済むので負担としてはかなり減ります。


一箇所に収まっていることで、洗濯物を各部屋に収納しに行かなくても良いのも魅力だと思います。


ただ、気をつけてほしいのは、モノで溢れないようにすることです。

大容量とはいえ、収納できる量には限界があります。

不要なものは処分するなど、衣類が増える一方にならない工夫が必要です。


そして、衣類が埃まみれにならないよう、掃除は各部屋と同様の頻度でした方が良いと思います。



モノの選別や掃除は必要となりますが、それでも家族分の衣類が一箇所で管理できるポイントは本当に魅力的です。


クローゼットで収まる衣類量でしたら、もちろんクローゼットで良いと思います!

しかし、衣類のためのチェストを何度も追加したり、小物類の収納が嵩張ったりしていたら、思い切ってウォークインにしてみるのもアリなのではないでしょうか。


ウォークインクローゼットへの憧れは募る一方なのでしたε-(´∀`; )


ISK工房では、お客様のご予算、ご要望に合わせた商品のご案内や取り付け作業の提案をいたします♪

お気軽にご連絡ください!


閲覧数:82回0件のコメント
bottom of page