top of page

もはや芸術!システム収納リビングステージ

小物類などはなるべく収納して生活感をなくすとか、お部屋のテイストを守るとか、収納に関するノウハウはたくさん発信されています。

収納の流行も加速するばかりです。


「モノをしまう」こと自体はわかっているのですが、これって実は難しいと思いませんか?

特に、収納する場所が難しいと思うのです。

収納しようと思って購入した棚はすぐにいっぱいになり、かと思えば棚の中にはデッドスペースだらけ。


小物がしまえない空間が増える一方でお部屋を狭めている……なんてことがよくあるのではないでしょうか?


そんな時、筆者は思うのです。


「ここのスペースがもう少し縦長だったら。」

「もっと細かく仕切られていたら。」


そうしたら、無駄な空間が減るのになあ、と。


ひとまず筆者が求めていることは2つです。


1.大容量であること

2.無駄な空間を生まずに収納できること


そんな都合の良い収納が、、、



……ありました!



永大産業株式会社の「リビングステージ」です!!



収納好きな方はこの画像だけでテンションが上がりませんか?


リビングステージには、5つのベーシックユニットがあります。

お部屋や収納物に合わせて、ユニットを組み合わせると、自分だけの収納スペースが完成します!!


どのユニットも仕切りが細かいのが特徴です。


さらに、、



こ、これは……!!


そうなんです。

ベーシックユニットにこれらのセッティングパーツを組み合わせることで、さらに使い勝手の良い収納へと変身するのです!!!


扉がつけられることはもちろん、仕切り部分を自由に上下できる可動棚や、お掃除用具を収納するのにぴったりな掃除用具ユニットまで、まさにかゆいところに手が届くパーツがたくさんあります!!


カウンターや化粧壁材まであり、お部屋のテイストや利便性がかなり配慮されていることがわかります。


こちらが実際にリビングステージが採用されたお部屋です。


めちゃくちゃおしゃれじゃないですか!?


お部屋に馴染みながら、大容量かつ利便性に富んだ収納になっていることがわかると思います。

組み合わせているユニットはこんな感じです。

カウンターのセッティングパーツも早速採用されていますね!


天井まで無駄なく収納に活用するとは、本当に素晴らしいです!!


いや〜〜〜〜!!

こちらもおしゃれですね〜!


テレビまわり収納として採用しているお部屋です。

所々、あえて扉をつけず、インテリアスペースとして採用しているところが大好きです!

先ほどのホワイトテイストのお部屋と比べると、収納スペースはコンパクトに見えますが、実際に採用されているユニットはこんなにたくさんあるのです!

そりゃ大容量だ!!


収納しつつ趣味も楽しめる組み合わせですね♪


こんな風に、リビングステージは、組み合わせ次第でお部屋に合わせた収納スペースが作れます。

パーツを組み合わせることで、無駄な空間を少なくすることもできますし、利便性も高められます。


収納場所がなくなって、何度も棚を買い足すのなら、最初からこれくらい大容量の収納を採用してしまった方が、お部屋のテイスト的にもスマートですし、最終的な収納スペースとしてはこちらの方が小さく収まるのではないかと考えています。


今ある収納棚をリビングステージにチェンジさせるだけでも、お部屋のリフォームや模様替えに匹敵すると思いました!

是非チェックしてみてくださいね。



ISK工房では、お客様のご予算、ご要望に合わせた商品のご案内や取り付け作業の提案をいたします♪


お気軽にご連絡ください!


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page